農園指定のオーガニックブラックティー/ティーバッグ

 

様々なハンディキャップを持った人が、好きなこと・得意なことで活躍したり、仕事を得ることを目指し活動する福祉施設、 「studioCOOCA(スタジオクーカ)」デザインのアートパッケージ『Artisanシリーズ』

北野 里佳さんの「フルーツゼリー」のアートワークがデザインされたパッケージ。
ご自宅用にはもちろん、ポップでキュートなアートワークのパッケージは、ギフトにもぴったり。
お花がデザインされた紅茶BOXは、お花がわりのギフトとしてもおすすめです。
アートパッケージの紙筒は飾ったり、小物入れなど、飲み終わったあとも楽しんでいただけます。
同デザインのポストカード付き。

インド南部のタミル・ナードゥ州にあるシンガンパティ農園から届いた、有機栽培茶葉をリーフのまま使用した贅沢なティーバッグ。
三角ティーバッグの中で茶葉が十分に開き、ポットで淹れたときと変わらない豊かな 香り・味わいをティーバッグでお手軽にお楽しみいただけます。
グレードはFBOP(フラワリー・ブロークン・オレンジ・ペコー)。
口当たりが優しくまろやかで、渋みが少なめの飽きのこないタイプの紅茶です。
ストレートやレモンティー、ミルクティーはもちろん、フルーツティーのベースとしても、美味しくお召し上がり頂けます。
茶葉は現地の有機認証を取得しています。
 

~Studio COOCAの紹介~

スタジオクーカは、神奈川県平塚市にある福祉施設/アトリエです。
様々なハンディキャップを持った人が、その人の好きなこと・得意なことで活躍したり、収入を得ることを目指し、絵画・創作活動、作品展の開催、オリジナルグッズの販売、パフォーマンス活動など行っています。
所属アーティストや地域のアーティストの作品展を開催する、「ギャラリークーカ&カフェ」も運営しています。
 

~アーティスト 北野 里佳さんの紹介~

インテリアや雑貨の本を参考に、クラフト紙や画用紙に、つながったり離れたりする独特の輪郭を描き、色鉛筆で少しずつ塗り進める。
部分ごとに決まった方向に色鉛筆を走らせる筆跡が独特。
ゆっくり丁寧な作品づくりが人柄を表している。
 

~Artisan シリーズの紹介~

「Artisan」とは英語で「職人」という意味です。
手間を惜しまず「おいしさ」「感動」を届けてくれる生産者、世界に1つしかないデザインを生み出すstudio COOCAのデザイナー、彼らの職人技に敬意をこめて名付けたシリーズです。
福祉施設 studio COOCAとのコラボレーションにより、海外の生産者だけでなく、国内の様々なハンディキャップを持った人たちの仕事づくりにつながっています。
 

●フェアトレード紅茶の作り手

茶葉は南インドの最南端、タミルナド州にあるシンガンパティ農園の茶葉を使用しています。
シンガンパティ農園は、インドで最初に有機認証を取った農園です。
有機栽培やバイオダイナミック農法に取り組み、自然環境を大切に、自然と共存しながら紅茶作りをしています。
1,000名以上になる作り手達には、電気と水道が使える無料の住居が与えられます。
農園では無料託児所も完備され、高等学校